【IT業界のマーケティング翻訳】翻訳会社へ任せる3つの理由

世界各地のIT業界ではイノベーションが勃興しており、国家をまたいだ製品開発も盛んです。

新製品・サービスが海外進出する時には広報資料の媒体だけでなく、Webコンテンツの多言語化もマーケティングの条件となっているのが近年の大きなトレンドです。

そこで下記のような疑問が生じます。

IT業界で働いており、海外進出のマーケティング資料やコンテンツを翻訳したいと思っています。翻訳会社に依頼した方がいいでしょうか。

結論としては、翻訳会社に依頼する方が得策と言えます。

専門用語や業務の進め方に関するノウハウが豊富となっており、コンテンツマーケティング支援をしている翻訳会社の場合だと、翻訳+αの提案をしてもらえる時もあるのが主な理由です。

本記事では「IT業界のマーケティング翻訳を翻訳会社へ任せる3つの理由」をご紹介したいと思います。

本記事の対象者:海外進出のマーケティング資料やコンテンツを翻訳したい

【IT業界のマーケティング翻訳】翻訳会社へ任せる3つの理由

IT業界のマーケティング翻訳を翻訳会社へ任せる理由は、以下の3つとなります。

  1. 専門用語データべースが豊富
  2. ユーザー生成コンテンツに早期対応可
  3. SEO対策やWebマーケティングのノウハウ

それぞれ順番に見ていきたいと思います。

専門用語データべースが豊富

IT業界のマーケティング翻訳では、コンピュータ支援翻訳(CAT)ツールを使って翻訳作業のスピードと生産性を向上させ、専門用語データベースを用いた翻訳プロジェクトの進行管理を行う仕組みが重要です。

たとえば、新規開発されたIT機器の海外進出のマーケティング翻訳を手掛ける場合。

過去の類似案件にもとづき、ローカライズにふさわしい言い回しを徹底できるかどうかは、データベースのナレッジが持つクオリティ次第と言えます。

マーケティング翻訳を専門としている翻訳会社には、長年培った翻訳用語のデータベースが蓄積されています。

過去の実績にもとづいた品質を長期にわたって維持できる仕組みが大きな利点です。

また、用語のデータベースにより、過去納品物との用語のズレというミスを未然に防げますので、用語データの蓄積はリスク対策という観点から考えても重要です。

ユーザー生成コンテンツに早期対応可

ユーザー生成コンテンツとはUser Generated Contents(UGC)と呼ばれ、一般的にはユーザーが作成した画像や動画コンテンツを指します。

たとえば、B2Bマーケティングでは一般企業が広報活動や人材採用の一環でプロモーション動画を公開しています。

動画コンテンツの視聴者が配信企業の会社事業や労働形態について理解を深めるだけでなく、ブランディングの構築も狙いの一つです。

海外展開を始まる場合には、動画コンテンツに外国語で字幕を挿入する必要があるため、UI翻訳などユーザー生成コンテンツにすぐに対応できるかどうかも判断の指標となります。

SEO対策やWebマーケティングのノウハウ

SEOとはSearch Engine Optimizationを指し、Googleのような検索エンジンで上位に表示される施策を「SEO対策」と呼びます。

IT業界のマーケティング文書はホームページに掲載されるケースが多く、Webマーケティングとも切り離せないのが現状です。

また、海外進出する際には多言語サイトの構築も重要な施策となります。

この時にはSEO対策とWebマーケティングのノウハウを持っている翻訳会社に依頼すると、翻訳+αの面で拡張サービスを受けられます。

実際にどこまで対応できるかは翻訳会社によるので、直接問い合わせてみましょう。

まとめ:マーケティング翻訳+αのサービスが重要

 

 

本記事では「IT業界のマーケティング翻訳を翻訳会社へ任せる3つの理由」をご紹介しました。

近年のマーケティング翻訳は文字のみの翻訳だけでなく、いかにコンテンツで自社製品・サービスの魅力を伝えられるかがカギとなるのが大きな特徴です。

弊社の「あなたの翻訳チーム」では、IT企業様を対象としたマーケティング翻訳・海外展開支援のサービスを提供しております。

IT・マーケティング翻訳でお困りの方は以下フォームからお問合せください。

 利用規約に同意します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

【IT業界のマーケティング翻訳】翻訳会社へ任せる3つの理由