【重要】契約書翻訳の料金の考え方を知る3つのポイント

【重要】契約書翻訳の料金の考え方を知る3つのポイント

グローバル化の進展に伴い、日系企業と海外企業の間で契約書を締結する機会が急増しています。

中には多言語契約書を作成しなければならず、急に翻訳会社へ契約書翻訳を依頼する必要に迫られた方もいらっしゃるのではないかと思います。

ここで下記の疑問が生じます。

契約書翻訳の料金はどのように決まるのですか?

結論、お客様の依頼内容によって決まります。

翻訳会社によっては料金を掲載していたり、していないケースもあります。

本記事では、契約書翻訳の料金の考え方についてご紹介したいと思います。

本記事の対象者:契約書翻訳の料金がどのように決まるのかを知りたい方々

契約書翻訳の料金の考え方を知る3つのポイント

契約書翻訳の料金の考え方を知る3つのポイント

契約書翻訳の金額は含まれるサービス内容によるため、多角的なアプローチで料金を考えなければいけません。

その基本的な考え方は以下の通りとなります。

  1. 契約書翻訳に翻訳と士業のプレイヤーが従事
  2. 士業専門家のチェックによるリスク対策
  3. 差し戻しを防ぐヒアリングが重要

それぞれ順番に見ていきたいと思います。

契約書翻訳に翻訳と士業のプレイヤーが従事

契約書翻訳には法律の専門知識が必要です。

翻訳者と弁護士・社労士などの士業専門家が契約書翻訳で稼働するので、その分の人件費がコストの大半を占めます。

案件によっては法律専門家のみのチェックを依頼できるパターンも想定されるため、事前に自社内で何を翻訳会社に依頼するかを明確化するのが重要と言えるでしょう。

なお、翻訳会社が弁護士・社労士と機密保持契約を締結しているかどうかも大事なポイントです。

士業専門家との協業

翻訳会社によっては士業と協業して案件を進める場合もあります。

たとえば、士業従事者が受注した契約書翻訳の案件を翻訳会社と協業して納品まで動かしていくという考え方です。

士業のノウハウをいかしながら翻訳会社のサポートを組み合わせられれば、新規事業にもつなげられます。

この場合は士業関係者と翻訳会社の関係によりますので、依頼を検討している翻訳会社の体制を確認する必要があります。

差し戻しを防ぐヒアリングが重要

契約書翻訳で各種リスク回避を施すためには「ヒアリング」が重要です。

とくに国際司法や国際公法には複数の条約が関わるケースもあるため、翻訳会社にとってはお客様が契約へと向かう経緯を把握したうえで、各種法律に造詣の深い士業専門家の確保が責務となります。

お客様も機密保持契約を締結した上で、契約内容の趣旨や経緯を翻訳会社と共有することでリスク対策を講じられます。

まとめ:契約書翻訳ではカスタマイズ料金を確認する

本記事では「契約書翻訳の料金の考え方を知る3つのポイント」についてご紹介しました。

契約書翻訳の料金を多角的に考えることが重要なので、必要に応じてカスタマイズに関わる料金を翻訳会社へ確認しましょう。

柔軟に対処してくれる翻訳会社から見積をとれれば、あとは発注前に社内で確認して翻訳会社にトライアルを依頼するだけです。

こちらの記事では契約書翻訳のトライアルについて解説していますので、ご覧になってみてください。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

【重要】契約書翻訳の料金の考え方を知る3つのポイント